Warning: file_put_contents(/home/kusanagi/onsen/DocumentRoot/wp-content/uploads/.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/kusanagi/onsen/DocumentRoot/wp-content/plugins/wp-optimize/includes/class-wp-optimize-htaccess.php on line 135

Warning: file_put_contents(/home/kusanagi/onsen/DocumentRoot/wp-content/uploads/.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/kusanagi/onsen/DocumentRoot/wp-content/plugins/wp-optimize/includes/class-wp-optimize-htaccess.php on line 135
南紀勝浦温泉ホテル浦島 |

,
南紀勝浦温泉ホテル浦島
源泉 :

住所・連絡先

住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2
電話番号
0735-52-1011
営業時間
17/8/27 09:00 〜 8/27/17 19:00
ホームページ

説明

『南紀勝浦温泉ホテル浦島』は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある温泉宿日帰りでの利用も可能となっている。勝浦港より船に乗って入館する。

初めての訪問者はあまりの広さに驚くほど広い敷地を誇っている。

温泉施設

館内にに5箇所の浴場があり、温泉巡りを楽しむことができる。ホテル勝浦では12本の源泉を使用しており、源泉かけ流しで堪能できる。

  1. 忘帰洞
    紀州徳川家第15代目当主で貴族院の議員も務めた徳川頼倫(1872〜1925)が『帰るのを忘れさせるほど』と絶賛されたことから名付けられた。
    太平洋の波が迫る絶景を堪能できる。
  2. 滝の湯・ハマユウの湯
    『滝の湯』は女性専用風呂。岩肌を流れ落ちる滝の音を楽しみながら温泉を楽しむことができる。
    『ハマユウの湯』は男性専用風呂。砂浜の潮風を受けて花を咲かせる『ハマユウの花』からつけられた。
  3. 玄武洞
    ありのままの自然な天然洞窟温泉を楽しめる風呂。自然が作り出した神秘的な光景がひろがる。
  4. 磯の湯
    気候や天候によって温泉の色が変わる温泉。『ホテル浦島』ないでも最も効能の多い温泉。湯治に最適である。
  5. 遙峰の湯
    那智山、勝浦湾、町並みを一望できる勝浦の景色を楽しめる温泉。

また、貸切露天風呂である『千畳岩風呂』(1時間3240円)と『千畳樽風呂』(1時間2160円)がある。

宿泊施設

本館・山上館・日昇館・なぎさ館がある。客室数は全部で597室と非常に多い。

  1. 山上館
    那智勝浦の景色を堪能できる高級感のあるワンランク上の館。客室数は和室90室・洋室8室。
  2. 日昇館
    玄武洞のある館で太平洋側に位置する。客室数は和室119室・洋室2室。
  3. なぎさ館
    勝浦湾に面した客室。連絡通路にはゲームコーナー、ドームプール、食事処『なぎさ』等がある。客室数は和室59室・洋室5室。
  4. 本館
    忘帰洞がある館。食事処、カラオケコーナー、売店等客室数は和室287室・洋室27室。

その他の施設

温泉以外にも館内は広くゲームコーナーや漫画コーナー、全長154メートルのエスカレーター『スペースウォーカー』など見どころも多彩なので一日中楽しめる。

釣り竿のレンタルもしており、気軽に釣りも楽しめる。また、夏には海水プールを楽しむことができる。

日帰り入浴料金

大人   1000円
小人   500円

アクセス

ホテル専用の駐車場に車を止め、マイクロバスで送迎船乗り場まで行き、船に乗ってホテルまでいくことができる。船でしかいくことができないホテルである。

また、『紀伊勝浦駅』より船着き場までは徒歩5分ほどでいくことができる。

泉質・効能・施設

泉質

効能

施設

地図

Googleマップで開く

レビューを投稿する

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください